30代以上に告ぐ!やがて体型崩壊が訪れます。でも努力で防げるから今から頑張ろう!

スポンサーリンク




今日の記事は30代以上の女性に向けて書いています。

とはいえ、10代の人も20代の人も、やがて訪れる30代に向けて頭の片隅にちょこっとだけ入れておいていただけると幸いです。
「そういえば昔ネットでそんなこと読んだなあ」って、いつか思い出してもらえたらな、と。

加齢が引き起こすリアルな体型崩壊について、ある意味ちょっとホラーなお話。。。。

 

30代以上のみなさん、昔より痩せにくくなってきてますよね?

体重計に乗ろうとしている女性

10代の頃、学校の身体測定が苦痛で苦痛でしょうがなかった私。
体重を見られて誰かに言いふらされるんじゃないか、とか、こまちちゃんこんなに重かったのね!と笑われるんじゃないか、とか被害妄想がひどかったです。
(ハートがナイーブですからね、10代は)

今思えば見た目が完全にデブなので別に体重を言いふらされたってデブには変わりはないんですが(笑)、当時はちょっとでも数値を少なくしようと身体測定前は躍起になったものです。

で、前日の夕飯を抜く わけなんですが、、、(笑)

不思議と夕飯を抜くだけで1キロくらい落ちていました。
(ま、確実に見た目には変化ないですけどね)

20代でも同様、ちょっと食事を抜いたりダイエットシェイクに置き換えたりするだけであっという間に体重を落とすことができました。
仕事帰りにスポーツジムで水泳をやって、オニギリを食べて終了。
これだけでも体重は落ちました。

が、30代に突入。

夕飯を抜いただけじゃ体重は落ちないし、水泳したからといってみるみる痩せるわけでもない。

「え?もうちょっとご飯抜かないとだめかしら?」

ってなって、炭水化物をがっつり抜いておかずを減らしてみるものの、やはり減りは悪い・・・・

しかも、なんだか脂肪がつく場所が昔とあきらかに違う。

10代、20代の頃と違って、確実に痩せにくくなっていると感じませんか?
そして、最近腰まわりや二の腕にやたらと肉がつくと思いませんか?

そう。それにはしっかり理由があるんです。

実は代謝がガッツリ落ちているわけではない

30過ぎて痩せにくくなったって?
そりゃそうよ、だって代謝が落ちてるんだもの。

「年取ると代謝が落ちる」とよく言いますね。
もちろんこれも一理ありますが、実は加齢での代謝低下ってそれほどではないんです。

160cm、50kgの女性 の基礎代謝はおおよそ下記の通りです。

20代 1277 kcal
30代 1207 kcal
40代 1137 kcal
50代 1067 kcal

 

30代になっても、20代の頃と70kcal程度しか代謝は落ちてないんです。
たった、ベビーカステラ2個分ですね。

思ったより代謝は落ちていないのに、なぜ痩せにくくなっているのか。

理由① ストレスが増える

20代よりも30代以上のほうがストレスが増えると言われています。
会社での立場が上がるにつれて責任感も上がりますし、育児の疲労だったり、ママ友との付き合いだったり、夫婦や親とのコミュニケーションだったり、どうしてもストレスを受けやすい世代なんですね。

憂鬱な表情の女性

ストレスは 食欲旺盛ホルモンや、代謝抑制ホルモン を引き起こしてしまうと言われています。

たくさん食べてもお腹いっぱいだと感じなかったり、お腹がすいていないのに食べてしまったり、、、
その上代謝を抑制して体を守ろうとするホルモンがでてしまうので「気が付いたら太っていた」という事態に陥りやすいんです。

ホルモンの影響って、自分じゃなかなかコントロールできないんですよね。
コントロールしようとすればするほど、悪化してしまったり・・・
なるべくストレスを発散できる術を身につけたいものです。

理由② 生活習慣が変わる

しょうがないっちゃしょうがないですが、20代に比べてアクティブ度が下がりますね。

お金に余裕が出てくると、今まで歩いていたところをタクシーで移動したり、二次会のカラオケよりもバーで飲みなおすほうがいいと思ったり。

小さなお子さんがいる主婦の人はこどもの食べ残しを食べて、子どもと一緒に昼寝をしてしまったり。

普段運動習慣のない人はどうしても生活が「まったり」しがちになります。

すると必然的に消費カロリーも減ってしまうんですよね。
もちろん若い頃に比べて基礎代謝も減ってますから、年を重ねるごとに「痩せにくい体」に体が変化してしまうのです。

理由③ 成長ホルモンの分泌が減る

私の個人的な意見ですが、加齢とともに痩せにくくなる一番の原因は成長ホルモンじゃないかな、と思います。

だって、イロイロとやっぱり20代と違うもの・・・!
(お肌とか、髪とか、翌日の疲れ具合とか、、、)

女性のお腹の画像

若さをキープする上で重要なのは 成長ホルモン と言われていますが、実は30歳を境に成長ホルモンの分泌量は年々少なくなっていきます。

タンパク質を合成したり、脂肪を代謝したりの「ダイエットに必要な力」を与えてくれるのが成長ホルモンですから、これが減ってしまうのは非常に哀しいですね・・・・。

ここで涙したあなたへ朗報!
成長ホルモンは努力によって分泌することができるんです。

のちほど30オーバー女子今後の対策についてまとめますので、最後までぜひご覧ください!

理由④ 筋肉量が落ちる

30代ではまだ筋肉量が落ちることは少ないですが、40代になると年に1%づつ筋肉が減っていくと言われています。

年に1%づつということは、50歳の人は20歳の頃よりも10%筋肉量が減っているということになりますね。
「ワタシ50歳だけど、20歳の頃と体重が変わってないのよ♪」って自慢する人がいるかもしれませんが、この場合、体重は同じでも見た目が全然違うはずです。

筋肉は脂肪よりも重たいのです。

脂肪よりも重たい筋肉が10%減っているのに、体重が同じ。
これはどういうことを示すのかと言うと、筋肉は減ってるけど脂肪が増えている、ということです。
ということは、見た目が全然違いますよね。

自慢するのならば、50歳だけど20歳の頃より体重が減っていなくてはいけませんね (^^;)

筋肉と脂肪の体積の違いはこちらの記事をご覧ください。

【ビフォーアフター写真掲載】 脂肪と筋肉、見た目はこんなにも違う!体重減ではなく見た目を変えよう!

2016.12.01

筋肉量が減ると代謝もさらに落ちますので、ここでまた「痩せにくい体」の要因のひとつとなってしまいます。

 

若いうちは脚に脂肪がつくが、年取ると体幹につく

若い頃と肉が付く場所がなんだか違う・・・・

お腹(浮き輪みたいな肉が!)
お尻(四角く垂れてきた!)
背中(こんなたくましかったっけ?)
二の腕(振袖状態・・・)

10代、20代の頃となんだか体格が違う、、、と薄々とお気づきかもしれません。

そう、肉付きの場所は年齢によって変化します。

参照:体力医学会発表資料

上記のグラフは年代別女性の体の脂肪分布図です。

30代未満は脚に脂肪がつきやすくなっていますね。
しかし30代になると、腕や体幹部に脂肪が増え始め、50代以上になるとからだ全体に均一に脂肪がついていきます。

絵で見るとこんな感じですね。

加齢とともに全体的に丸っこい感じになっていきます。
言い方が悪いですが、寸胴になってしまうんですね。

そして加齢とともに脚が細くなってくるパターンもありますが、これは筋肉が減っているから。
あまり喜ばしい事実ではありません。
足首に脂肪がつきやすかったり、むくみが取れにくい年齢でもありますから、象さんみたいな足首になる可能性も出てきます。

 

成長ホルモン分泌の低下、女性ホルモンの変化、筋肉量の低下、などの身体的な変化と、
蓄積してきた生活習慣、疲労、姿勢のゆがみなど、あらゆる要因が重なって「体型」が変わっていきます。

哀しいですが、、、これが加齢による 体型崩壊 です。

 

体型崩壊は努力で防げる!!

すいません、わざと「体型崩壊」とコワイ単語を使いました。

「ボディバランス崩れるわよ」って言われるより「体型が崩壊するわよ!」って言われた方がなんか危機感感じませんか?

まあちょっと言いすぎですが、「コワ~~ッ」と思ったあなたは、これから努力で防げますから一旦ご安心ください。

対策① 早く寝る

とにかく出来るだけ成長ホルモンを分泌させてあげましょう!
22時から3時までが成長ホルモン分泌のゴールデンタイムと言われていますが、入眠してから3時間後に分泌のピークを迎えるそうなので、遅くても0時までにはベッドに入りたいですね。

寝る子は育つ、といいますが、これは成長ホルモンのことを言っているんですね。

私の友達で40歳の人がいますが、毎日21時に寝ているので実年齢よりも相当若く見えます。

若さの秘訣は??と聞くと「早く寝る!」と言っていました。納得。

 

対策② 運動する

はっきり言っちゃいます!
若い子よりおばさんほど運動したほうがいいです!!!

体幹に脂肪が付きやすくなってきますから、ヨガでもピラティスでも、体幹トレーニングでもなんでもいいですから、とにかく生活に運動を取り入れましょう!

一番いいのは筋トレですが(笑)
またこいつ筋トレの話か、って思われるのもなんなので・・今日は控えめに。。。

ダンベルカールする女性

ズバリ筋トレが一番てっとり早いですね。
毎日やらなくてもいいですし。
あっという間に体幹鍛えられます。

そしてなにより、筋トレには成長ホルモンを分泌してくれるというありがたい特約もあるんです。

筋トレで重たいものを持つことで「うわ!この人筋肉ないじゃん!成長させてあげなきゃだめじゃん!」と脳にシグナルが伝わります。
すると脳下垂体というところから「よし、成長させます icon-thumbs-up 」と成長ホルモンが分泌されてタンパク質合成やら脂肪燃焼の促進やらが起こるんですね。

筋トレをしている人は男女問わず肌が綺麗な人が多いです。
私のパーソナルトレーナー(男性)もお肌ツルッツル。

とにかく、筋トレは効率的で最強なアンチエイジングなんです~!
ムキムキのイメージが先走ってあまり浸透してないけど・・・(涙)

「0時までに寝るのは無理~~」という人はぜひ筋トレをして成長ホルモンを分泌させてあげてください!

【女性と筋トレ①】女性の私が筋トレの誤解を解く!

2016.11.28

【女性と筋トレ②】筋トレは「痩せるため」ではなく「美ボディをつくる」ために行う

2016.11.29

 

対策③ タンパク質をしっかりとる

タンパク質というと筋肉のイメージがありますが、わたしたちの髪・肌・目・爪、、、体のほとんどはタンパク質から作られています。

しかし、意識せずに生活しているとタンパク質って年々摂取量が減ってしまうんですよね。
年取ると焼肉がシンドイとか、肉をガッツリはちょっと、、とか。

糖質と脂質は体に貯蔵しておくことができますが、タンパク質は貯蔵することができません。
体作りの材料が入ってこないと、イイカラダは出来ませんよね。
筋肉も分解されて、身体がたるむ一方です。

だからこそ、できれば意識して積極的に摂りたいところ。

「お肉や魚、食べなくなったなあ」という方はぜひプロテインを使いましょう!
プロテインはムキムキになるドリンクじゃないですからね(笑)
ご安心ください。

綺麗に痩せたいから私はプロテインを飲んでいる

2017.01.24

プロテインはどう選ぶ? (美味しさランキング付き)

2017.01.26

 

対策④ ちゃんとしたものを食べる

お昼はコンビニのサンドウィッチ、夕飯はカップラーメンで終了~

こういうのは20代で卒業!

30代、40代、それ以上、
若かりしあの頃よりちょっとお金持ってますよね?w

だからこそ、きちんとしたものをぜひ食べたいですね。
高級なものを食べろと言っているわけではありません。

なるべくホンモノの、そして添加物の少ないものを食べましょう。

キットカットよりカカオ70%のチョコレート
チェーン居酒屋より個人営業店の居酒屋
ファミレスよりシェフのいるレストラン
発泡酒よりビール
ラクトアイスと表示されているものよりアイスクリームと表示されているもの
袋に入ったカット野菜より、本物の野菜
お菓子より、フルーツ

カゴからこぼれおちたフルーツ

なるべく本物を食べることで、体の酸化(サビ)は防げます。

添加物多め&脂質・糖質のコンビを、私はブス飯と呼ばせてもらっています。

ブス飯・デブ飯でカラダを作るな

2016.11.04

もちろん、絶対食べるなとは言いません。
が、体型崩壊を防ぐには常食してはなりません。

 

まとめ

たとえ今痩せている人も、何も意識せずに自分の好きなままに生活していたら体型崩壊は必ず訪れます。

しかし、今太っていても、今から気をつければ数年後、今痩せている人より美しい体でいることは間違いありません。

体型崩壊は努力で防ぐことができるんです。

年齢より若く見られる芸能人は、必ず努力をしていますし、
「努力なんてしてないよ」と言ってる綺麗な人は生活習慣がしっかりしています。
(運動を努力と思わなかったり、きちんとしたものを食べていたり)

私も年齢が上がるにつれて実感することは多々ありますが、それを受け入れつつも、できる努力は今からしっかりとして、綺麗に年を重ねていけたらな、と思っています。

ダイエット情報はもちろんですが、私はアンチエイジングにも非常に興味がありますので、有益な情報はまたブログで情報共有していく予定です。

 

◆◆ 最新記事はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
最新記事はこちらで更新中 icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください