【体験談】ボルダリングはダイエットに効果的?!実際にやってみました

ボルダリングでダイエット
スポンサーリンク




最近ちょくちょく見かけるようになったボルダリングジム。

中を覗くと男女問わず大人たちが本気で壁よじ登っていて、それがなんだか面白そうで思わず心をくすぐられます。

ボディメイク歴の長い知人に

「ボルダリングをやればカッコイイ背中が手に入る!」

と全力でオススメされ、ついにボルダリングジムの扉を開いた私。

カッコイイ背中や逞しい背中が欲しいとかではないのですが、背中ってどうしても年齢が出てしまうんですよね。

特に私はデスクワークなので意識しないとどんどん猫背になりがち。
普段の筋トレでも背中のトレーニングはしていますが、背中は自分で見ることができない分やはり鍛えにくさは感じてました。

「肉づきのよい丸い背中」は一気におばさんっぽく見えてしまうので、なんとかそれを避け「カッコイイ背中」を手に入れたい!と、思い切ってボルダリングを体験してみることに。

今日は人生初のボルダリング体験談と、ボルダリングとダイエットの関係性について書きたいと思います!

 

ボルダリングとは? 意外に気軽にできるスポーツ

とにかくボルダリングの知識が全くなかったので、最初はクライミングとの違いもよくわからなかった私。

インストラクターに違いを聞くと、

◆クライミング
ロープやハーネスを付けて本格的に岩や壁を登ること

◆ボルダリング
ロープ等を使用せず滑り止めのチョークだけを使って登っていくこと

だそうで、ボルダリングは装備や道具が不要な分気軽に挑戦しやすいスポーツなんです、と説明を受けました。

ルールはとにかくシンプルで、壁に付けられたカラフルな突起物(=ホールド)を掴んで、ひょいひょいと登っていき、ゴール印が付いたホールドを両手で掴んで成功、って感じですね。

ボルダリング ホールド説明

最初私はただ単によじ登っていくだけでよいものかと思っていましたが、実はホールドの難しさで級が分けられていて、8級ならこのホールドだけ、など決まったホールドしか掴むことができません。
そしてある程度の級になると足をかけるホールドまでも制限されてしまうので、どんどん難しくなっていきます。

次はどのホールドを掴むのか
どのホールドに足をかけるのか
どうやってゴールまで進むのか

と頭で考えながら登っていくので、ゲーム性もあり、体力だけでなく頭も使うスポーツです。

新しいスポーツを始めると、まずはドリブル100回練習とか、バッドの素振り100回練習とか、そういう基礎練習が必須になってきますが、ボルダリングに関してはただただ登るのみ!
これが立派な基礎練習になってきます。

基礎練習=実競技 になるので、忙しい社会人でも見習い期間を設けることなく楽しんで取り組むことができますね。
人気が出るのにも納得がいきます。

 

ボルダリングの服装

ボルダリングジムから指示を受けたのは「動きやすい服装で」とのこと。
また、専用のシューズをレンタルするので、靴下は必ず履いてきてくださいと説明がありました。

私はいつも筋トレをしているトレーニングウェアで行きましたが、ランニングウェアを着ている人、ジャージの人、スウェットの人、も多かったので動きやすい服なら何でもOKですね。

ただ、壁やホールド、マットには滑り止めチョークの粉がついているので、黒っぽい服装だと全身かなり白くなります。

なので汚れてもいい&動きやすい服装がいいですね。

 

ボルダリングの料金

ボルダリングジムの価格はどの店舗でもそれほど差はなく、
東京都内の料金ですと

初 回 登 録 料:500円~1000円
ジム使用料(1日):1000円~1600円
シューズレンタル料:300円

このあたりが相場で、初回でも3000円あればお釣りがきます。
私は初心者ということもあり、基礎からしっかり教えてもらいたかったので、1時間半のパーソナルトレーナーがついたコースを申込みしました。
それでも4500円で済みましたので、筋トレのパーソナルジムと比べるとリーズナブルですね。

 

人生初のボルダリング。私はどこまで登れたのか。

インストラクターにルールとボルダリング用語、登り方の基本を教わったところで

「では実際に登りましょうか」

とスタート。

ボルダリングジム

9級・8級は難なくクリア

私が行ったジムは9級からスタートだったので、まずは9級から始めました。

9級はホールドも掴みやすくゴールまでのルートもとても簡単。
足はどのホールドに置いてもよく、スイスイ登れます。
よほどの高所恐怖症でない限りほとんどの人がクリアできるだろうな、という感じでした。
実際に9割の人が初日でクリアできるそうです。

すぐに8級に移りましたが、こちらもすぐにクリア。
9級との差はほとんどわかりませんでした。

インストラクターのお兄さんに「何かスポーツやってますか?」と聞かれ、「スポーツというか筋トレしてます」と伝えると「なるほど。どうりでスイスイ登っていくかと思った。腕の力が強いですね」と言われました。

そう、このあたりなら頭もコツも使うことなく、腕力だけで登っていくことができます。

足が限定されてちょっと戸惑う7級

7級になると、手だけでなく、足を置くホールドも限定されることから9級8級のようにヒョイヒョイ登っていくことはできません。

ええっと、どれに足かけていいんだっけ?

と確認しながら登るので、モタモタしていると腕に乳酸が溜まっていくし、ゴールだけを見てスイスイ登れないのでやや戸惑います。

が、この辺からボルダリングの本当の面白さが出てくるんだろうな、と思いました。

やや戸惑ったものの、7級もなんとかクリアできました。

ついに落下した6級

6級になると急に「おおっ、難しい・・・」と思うようになりました。
小さくて持ちにくいホールドもありますし、「え、届かないんですけど」みたいな場所にホールドがあったり、足をかける場所にも迷ってしまい、ついにマットへ落下。

ボフッ。。。

この歳でマットに落ちる経験なんてないですから、ちょっと気持ちよかったです(笑)

「ホールドの上で足を入れ替えましょう」
「ホールドがなければ壁を蹴って進みましょう」

とインストラクターのアドバイスをもらいながら、なんとかひとつのコースをクリア。
アドバイスがなかったら登れなかったでしょう。
どうやら腕の筋力だけではクリアするのは難しいようです。

そしてコースによっては何度やってもクリアできないものもあり「6級完全制覇!」とまではいきませんでした。

開始してから1時間半近く経っていたこともあり、手のひらがヒリヒリしてきたのと、腕の疲労が出てきて何度も挑戦するのが難しくなってきました。
登りたい気力はあるのに、腕がプルプルして追いつかない、という感じでしょうか。

というわけで、私の人生初のボルダリングは6級で終了。

初回で6級クリアできる人は4割程度だそうで、コースひとつだけでもクリアできたので上出来ですよ、と言われました。

 

悔しい!だから楽しいのか・・!!

5級に挑戦できなかったのが悔しい!!

腕さえ疲れていなければ、、、
手のひらさえヒリヒリしていなければもっと挑戦できたし、
6級の難しいコースもクリアできたかもしれないのに!

と、強く思ったので、

だからボルダリングって楽しめるのか!!と思いました。
大の大人が夢中になって壁をよじ登るのも納得がいきましたね(笑)

カッコイイ背中うんぬんよりも、次のコースをクリアしたいという気持ちの方が強く、「また絶対行ってやる!」と心に決めてジムを後にしました。

 

果たしてボルダリングはダイエットに効果があるのか?

私の体験談が長くなりましたが、ここで本題に入りますね。
ダイエット目的でボルダリングを始めた場合、果たしてどのくらい効果があるのでしょうか。

実際に私はまだ始めたばかりで自分の実例は出せないのですが、自分なりに思ったこと、調べたことについて書いていきたいと思います。

 

ボルダリングは意外に消費カロリーが高い、けど・・・

ボルダリング1時間の消費カロリーを調べてみると、

体重50kgの人:525kcal
体重55kgの人:577kcal
体重60kgの人:630kcal

と意外に高いことが分かりました。
が・・・これって壁に60分間へばりついて登っていたときの場合ですね。

自分が体験して身を持って分かったことですが、60分間休憩ナシで登り続けられる人は恐らくいないでしょう。
なにせ腕がパンパンになるので、休憩を挟まなければ次が登れないからです。
休憩ナシで60分登り続けられるのはお猿さんくらいでしょうね。

なので実際半分は休憩したとして、実際の消費カロリーは下記程度だと思われます。

体重50kgの人:262kcal
体重55kgの人:288kcal
体重60kgの人:315kcal
※休憩時間をのぞいた実質のボルダリング時間30分間

ネットの情報では「ランニングよりも消費カロリーが高い!」と言われている場合もありますが、これは微妙に間違っていると思います。

とはいえ、楽しみながらやるスポーツとしてはなかなかの消費カロリーですね!
2時間ジムに滞在して、実質1時間登っていればそれだけで 500kcal以上 は消費しますから、確かにこれはダイエットをするにあたってとても大きな消費カロリーになります。

私はコースをクリアしようと無我夢中になっていたので、それほど「シンドイ!疲れた!」という感じはなかったのですが、確かに心拍数は上がっていましたし、ところどころ息も切れていましたので確かにそれなりの消費カロリーはあったかと思います。

 

ボルダリングは無酸素運動

よくランニングの消費カロリーと比較されがちなボルダリングですが、ジャンルとしては無酸素運動の部類なので、ランニングと比較しても体への効果は全く違うものです。

◆有酸素運動(ランニング・ウォーキングなど)
体への負荷が低いので長い時間続けられる運動
効果: 脂肪を燃焼(体重を落とす)

◆無酸素運動(ボルダリング・筋トレなど)
瞬間的に強い力を必要とする運動
効果: 筋肉を増やす&大きくする(体を引き締める)

ボルダリングはある程度消費カロリーがありますが、ボルダリングは体重を落とすという効果よりも、引き締まった体を手に入れる、という効果の方が高いですね。

筋トレと同じ無酸素運動なので、脂肪を燃やすというよりも筋肉を増やす方に分配が上がります。
筋肉が増えると体重が増えてしまうので無酸素運動を敬遠する人も多いですが、実は美しいボディラインを作るのは紛れもなく筋肉なので、体重減でなく見た目を変えたい!という人には、私は全力で無酸素運動をお勧めしています。

というわけで、男女ともにイケてる見た目を手に入れる手段として、ボルダリングは非常に効果的だと思います。

 

基礎代謝を増やす目的なら筋トレの方が手っ取り早い

「ボルダリングで筋肉を大きくして基礎代謝を増やしましょう!」

といった書き込みをネットで見ることがありますが、基礎代謝を増やす目的ならば筋トレの方が手っ取り早いですね。

というのも、ボルダリングは高重量を扱う競技(トレーニング)ではないし、下半身もそれほどたくさん使わないからです。

筋肉を増やす為の筋トレは40キロや60キロの重たいバーベルを持つ必要がありますが、ボルダリングはせいぜい自分の体重の一部が負荷としてかかる程度なので「ムキムキになる」ほどの無酸素運動ではありません。

また、人間の体は下半身に大きな筋肉が集中していることから、筋肉を増やしたい人はスクワットなどの下半身トレーニングが必須です。

ボルダリングでは腕の筋肉を動員させますが、腕の筋肉は下半身に比べてそれほど大きくないので、ボルダリングで腕が鍛えられたとしても基礎代謝が大きく上がるまではいかないですね。

なので、基礎代謝を上げる目的でボルダリングを行うのはちょっと効率が悪いかな、と思います。

 

筋トレが苦手(嫌い)な人にはボルダリングがオススメ!

基礎代謝を上げるなら筋トレが有利、と先ほど書きましたが、実際筋トレが苦手だったり嫌いという人はとても多いと思います。
人によっては全然面白くないですからね・・・(笑)
特にバーベルを扱った本格的な筋トレになると、女性には敷居が高いトレーニングです。

引き締まった体になりたいけど、どうしても筋トレはイヤ・・・・

そんな人には楽しみながら自然に筋力が付くボルダリングはベストな選択だと思います!

スポーツが苦手な人でも、ボルダリングは下記のメリットがあることから女性でも挑戦しやすいですね。

・ルールも難しくなく道具を使わないので、最初に基礎を教えてもらえばひとりで出来るようになる
・やっていて楽しい
・ゲーム性があるので、また行きたくなる
・筋力はついても絶対にムキムキにならない(高重量トレーニングではないため)

そして、ボルダリングやってる女性ってなんだかカッコ良く見えますから(笑)カッコイイ女子になりたい人は Let’s Try!ですね (^^)

ボルダリングに不向きな人

ハシゴが登れるなら誰でもできる、と言われているボルダリング。
不向きな人はあまりいないそうですが、残念ながら高所恐怖症の人は不向きかもしれません。

室内とはいえゴールのホールドはある程度高いところにありますから、高いところが苦手な人だとたとえ下にマットがひいてあってもゾクゾクしてしまうでしょうね。
ゴールから下に降りれないと大変です。

でも、極端に高いところが苦手!という人でない限り、老若男女楽しめるスポーツだと思いました。

 

ボルダリングの感想と今後について

ボルダリングの翌日は恐ろしいほどの腕の筋肉痛に襲われました。
普段の筋トレで高重量で腕のトレーニングをしているにも関わらず、です。
やはり筋トレとは違う筋肉を使っているんだろうな、と実感しました。

腕だけでなく腹部にも筋肉痛を感じたので、登っていく過程でかなり体幹を使ったのだろうし、そして普段使わない脳みそまでも動員しましたので(笑)、体全体が活性化されたのは間違いありません。

なにより純粋に、「楽しいな!」と思いました。

私は普段筋トレをしているのでボルダリングに通うのはおそらく週1回程度になりそうですが、初回でクリアできなかったコースを制覇したいのと、次の5級を挑戦してみたい!という気持ちがあるので本気で通うことに決めました!

ゲーム性があるので、筋トレとはまた違う楽しさですね (^^)

後日5歳の息子をキッズ用のボルダリングへ連れて行ったところ、どハマリして2時間半も登りつづけるという恐ろしい事態になりました(笑)
子どもってよじ登るの大好きですよね~・・・ほんと。

なので、お互い楽しみながら取り組んで、いつか親子で楽しくできたらな~と思っています。
ってあっけなく抜かされそうですけどね・・・(笑)

というわけで、簡単にまとめますと

楽しみながら筋力をつけて体をシェイプアップするにはボルダリングはおすすめ!

で締めくくりたいと思います (^^)

 

 icon-check-square 東京都内のボルダリングジム一覧はこちら

 icon-check-square 関西(大阪近辺)のボルダリングジム一覧はこちら

 icon-check-square 東北のボルダリングジム一覧はこちら

 icon-check-square 九州のボルダリングジム一覧はこちら

 icon-check-square キッズ専用のボルダリングジムは PEKI PEKID’S(渋谷)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆ 最新記事はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
最新記事はこちらで更新中 icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • こまちさん、初めまして(*^^*)
    4月からダイエットを開始したものなのですが、糖質やカロリー、運動などについてもう一度勉強し直そうと思い色々調べていたところたまたまこちらのブログにたどり着き、今まで30分以上かけて過去記事など拝読させていただきました…!!
    どれもとてもわかりやすくロジカルに、そして面白く書かれていてとっても勉強になりました。
    まだまだ体づくりを始めたばかりでこれから先ちゃんと変われるのか、正直不安なところもありますが、楽しみながらがんばろうと思えます^^
    私もしっかり筋肉をつけて体を引き締め、代謝をよくして太りづらい体質に変えて行きたいです!
    これからもブログ、たくさん参考にさせていただこうと勝手に思っているのでよろしくお願いします。
    お礼が最後になってしまいましたが、たくさんの素敵な記事を本当にありがとうございます♪

    • はるかさん

      はじめまして(^^)コメントありがとうございます!
      時間をかけて過去記事まで読んでいただけたとは嬉しいです。
      はるかさんの貴重なお時間をいただき感謝します(^^)

      わかりやすく伝えられればいいな、と試行錯誤して書いてはいるのですが、うまく伝わっていましたでしょうか。
      なかなか頻繁に更新できないのですが、その間もダイエット情報を収集して自分なりにまとめていますので、これからも引き続き読んでいただけると嬉しいです。

      はるかさんがおっしゃっていた、

      >まだまだ体づくりを始めたばかりでこれから先ちゃんと変われるのか、正直不安なところもありますが、楽しみながらがんばろうと思えます^^

      ですが、大丈夫です!
      絶対に変われます!!(^^)

      私は時間もお金もなくて持っているのは大量の脂肪だけ、という感じで絶望に追い込まれていましたが、そんな私でも「継続」することでダイエットに成功しました。
      世の中には魅力的な売り文句で溢れているダイエット商品が多いですが、結局「適度な食事と適度な運動」が正解だったんです。
      だいぶ遠回りしましたが、正解を見つけました。
      とはいえ、わかっていてもこの単純なことが難しいんですよね。
      わかりやすい&挑戦しやすい方法を皆さんにお伝えできればいいなとブログを始めましたので、これからも参考にしていただけると嬉しいです (^^)
      コメントありがとうございました♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください