【体験談】 加圧トレーニング ダイエット

スポンサーリンク




【体験談】 加圧トレーニング ダイエット

 

前回の記事では筋トレについて熱く語ってしまいました。

前回の記事はこちら icon-arrow-circle-down

断言!「別人」になるには筋トレしかない

2016.11.08

運動嫌い・苦手の私がどういったきっかけで「筋トレ」という門を叩いたのか。
「筋トレ」に抵抗を感じる女性は多いはずです。
もちろん私もそのうちの一人でした。

が、「筋トレほど見た目が変わるダイエット」はないと身を持って実感した今はすっかりと筋トレにハマりました。
その魅力を周囲に伝えてはいるのですが、「え~、筋トレ??苦手だなあ」「ウォーキングとかじゃだめ?」など、いまいち女友達には受けが良くありません(苦笑)

理由はなんとなく分かります。
筋トレってちょっとむさくるしいイメージがありますもんね。
野球部が必死に腹筋・背筋100回やったり、ボディービルダーのムキムキなイメージだったり、ラグビー選手がバーベルでトレーニングしていたり、一般的な女性がやっているイメージはあまりありません。

もちろん私も上記のようなイメージを抱いて抵抗感を持っていたわけなので、いきなりジムの筋トレコーナーに行ったわけではないんです。

まず、門を叩いたのは 「加圧トレーニング」 です。

 

加圧トレーニングに行ってみることを決心

一時期本屋に目立つように並んでいた「ダイエットは運動1割、食事9割」という本をバイブルのように読み込んでいた私。
こちらの本は私にとってかなり有益でした。

こちらの本の著者の森拓郎さんが、加圧トレーニングのトレーナーさんだったんですね。
森拓郎さんは「運動1割」といいつつも、もし運動をするのなら、有酸素運動(ジョギングやウォーキング)ではなく、無酸素運動(筋トレ)を勧める、と著書でおっしゃっていました。

ちょっとミーハーな感じですが、「じゃ、この森拓郎さんのスタジオで加圧トレーニングを受けてみよう!」と思ったわけです。

そもそも「加圧トレーニング」とは?

加圧トレーニングって名前は聞いたことあるものの、一体どういうものなのか、どういったメカニズムなのかを私も体験に行くまで全く知らなかったので、ちょっと説明しますね。

加圧トレーニングとは元ボディービルダー・医学博士の佐藤義昭という方が生み出したトレーニング方法で、腕や腿の付け根を専用のベルトで締めて血流を制限した状態でトレーニングする、というものです。

こんな感じですね。

pic_main

画像引用元:http://www.sportsoasis.co.jp/pgm/personal/kaatsu.html

専門のトレーナーが適切な加圧でベルトを巻いてくれるので、「血が止まって貧血になる」等は起こりにくいです。

この加圧した状態でトレーニングを行うと、軽い負荷のトレーニングでも筋繊維の動員率が高まり、さらに酸素不足になりますので、血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。

簡単に言うと、

血流を圧迫(加圧)してからトレーニングするので、血管が早くギブアップして、少ない負荷と回数でも、大変なトレーニングをしたのと同じ効果が得られる」

ということです。

重た~いバーベルを持たなくても、加圧すれば軽いダンベルでも同じような効果を得ることができる、ということですね。
血管が早くギブアップするので、トレーニングも短時間で済みます。

軽い負荷で、なおかつ短時間で効果を出せる筋トレ。といったところでしょうか。

そして加圧したことによって血液内の乳酸濃度が増加すると成長ホルモンが大量に分泌されることから、

・肌が綺麗になる
・新陳代謝が活発になる
・アンチエイジング効果がある

と体づくり以外でも嬉しい効果があるのですね。

なので「加圧トレーニングは女性に向いている」と言われるのでしょう。

生まれて初めての加圧トレーニングを体験してみた

渋谷区恵比寿にある森拓郎氏のスタジオで加圧トレーニング体験を予約し、人生初めての加圧トレーニングにトライしてみました。

もちろんトレーナーは森拓郎氏ではありませんでしたが、若い男性トレーナーが丁寧に加圧の仕組みとどういったトレーニングするのかを説明してくれました。

体験なので、あまり本格的なトレーニングではありません。
ひざをついた腕立て伏せ、背筋、スクワット、など。
ダンベル等は持ちませんでした。

正直「え?これだけ???」と思ったのは事実。

・・・・が、、、、翌日モーレツな筋肉痛が私を襲いました(笑)

「え?これだけ?」と思ったトレーニングでも、十分に効いていたのです。

本格的に加圧トレーニングを始めてみることに

「これなら自分でもできそう」と思い本格的に始めることにしました。

実は他のスタジオも色々見学していまして、最終的には会社の近くのスタジオに決めました。
通いやすいし料金的にも良心的なスタジオだったんですね。

やはり「短時間でOK」というのが魅力だったので 仕事終了→加圧トレーニング(30分)→保育園のお迎え というスケジュールでこなすことに。

毎日やらなくていい(むしろやらない方がいい)ということだったので、週2回のペースで通いました。
たった30分のトレーニングとはいえ、運動経験なし&筋力不足の私にとってはかなり辛く、ヘロヘロになりながら保育園のお迎えに行っていましたね(笑)
帰宅するとベッドに飛び込みたいくらい。
その後の家事が本当にしんどかったです。

20140617100524

2ヵ月後に体脂肪が3.2%落ちた

最初はヘロヘロだったものの、人間ってすごい。慣れるもんです(笑)
続けて通ううちに、1ヶ月もするとへっちゃらになりました。

加圧トレーニングをはじめる前に こちらの記事 でも書いた高性能体組成計「インボディ」で計測していたのですが、2ヵ月後に計測してみると、なんと体脂肪率が3.2%も減っていたのです・・・・!

が、体重自体は変化なし。というか逆に0.5kgくらい増えてましたね。

計測したときにヘルスアドバイザーの方が「筋肉が増えて脂肪が減ったんです。筋肉の方が重いですから体重は増えてあたりまえ。引き締まっている証拠ですよ!」言ってくれました。

加圧のトレーナーさんは「よほど筋肉なかったんですね~。たった2ヶ月じゃそこまで筋肉増えないですけどね」だそう(笑)

運動初心者のビギナーバーゲンだったのかもしれません。

3ヶ月で見た目に変化あり

正直、3ヶ月くらいまでは見た目の変化はなかったと思います。

トレーニングを頑張ってるのに体重は減らないし、時間もカツカツだし、お金もかかるしで、めげそうになったこともあります。

が、3ヶ月も経つと、お尻がキュッと上がり始めているのが自分でも分かり、気にしていた二の腕もプヨプヨから硬くなってきたのです。
そして何より脚ですね。脚が立体的になってきたのです。

毎日顔を合わせている夫からも「あれ?お尻上がった?」と言われるほどに。

体重減はなかったものの、たった3ヶ月で見た目の変化は実感しました。

 

加圧トレーニングのメリット・デメリット

メリットもあれば正直デメリットもありますね。

★メリット

  • 負荷が軽いので女性でも始めやすい
  • トレーニングは短時間で済む
  • 筋トレ以外にも美容面で良い効果がある
  • 血流が良くなるので冷え症などにも効果的
  • 綺麗(お洒落)なスタジオが多い

☆デメリット

  • 割と高額(マンツーマンのため)
  • 貧血気味の人は注意が必要
  • 負荷が軽いので物足りなくなる場合も
  • 加圧する部分が脚と腕の付け根なので、トレーニングメニューもマンネリしがち

専門のトレーナーが毎回ベルトを巻いてくれ、常にお客さんの様子を見ているのでパーソナルトレーニングと同じ感じです。
よって価格も高いところが多いですね。
お洒落なスタジオほど高いです(笑)あとは立地でしょうか。

そして貧血気味の人は要注意です。
貧血気味の友人が体験したのですが、トレーニング中にフラフラしてしまい、そのまましばらく動けなくなったことがあるそうです。
知識を持ったトレーナーが適切な圧をかけてくれるはずですが、お医者さんではありませんからたまにこういったことも起こってしまうでしょうね。

そして負荷。
低負荷がメリットでもありましたが、いずれ体は慣れてしまうので、軽い負荷のままでは物足りなくなる場合があります。
もちろん負荷を上げれば良い話ですが、そうすると「普通の筋トレでも良くない?」ということに。
圧をかけるのが脚と腕だけなので、メニュー自体もどうしてもマンネリしがちです。
なので、おそらく男性は加圧トレーニング一本では物足りなくなるはずです。
ボディービルダーに加圧トレーニングをやっている人が少ないのはこの理由だと思います。

専門のスタジオで受けよう

加圧トレーニングには正規認定施設があります。
加圧についてきちんと教育を受けた人がトレーナーとして在中しているジムです。
自分に合った適切な圧をかけてもらうためにも、きちんとした施設でトレーニングしたいですね。

こちらのマークが目印になっているところが正規認定ジムです。

leftmenu_kaatsu

 

加圧では物足りなくなった私

デメリットの最後に書いた「低負荷」なんですが、実は私も物足りなくなってしまったのです。
最初はヒーヒー言っていたはずなのに、人間変わるものですね(笑)

スタジオにもよると思うのですが、私の通っていたスタジオは自重(じじゅう)トレーニングといって腕立て伏せやスクワットなど自分の体重でトレーニングするメニューがほとんどで「ベルト巻いてるだけで、家でもできちゃうよね、これ」という感じだったのです。
つまり、メニューに飽きてしまったんですね。

筋トレについて色々調べていると世の中にはもっともっとたくさんのトレーニングがあることを知り、そして自分でも知識をつけていきたかったことから、加圧トレーニングは4ヶ月で卒業しました。
運動嫌いだった私が、まさか「物足りない」と思うなんて自分でも驚きでしたね(笑)

ただ、加圧トレーニングのおかげで筋トレに足を踏み入れることができましたし、そして結果も出て「私でも変われるんだ!」という自信が持てたのはすごく大きかったです。

私のように筋トレに抵抗を持つ人には、最初の入り口は加圧トレーニングを勧めたいと思いますし、実際周りにも勧めています!

 

まとめ(私の場合)

  • 加圧トレーニングは運動経験のない私が始めるには入りやすかった
  • 3ヶ月で見た目に変化が出た
  • 体重は1キロも減らなかったが、体脂肪は3%以上落ちた
  • メリットもあればデメリットもある
  • 低負荷とメニューに物足りなくなった私は4ヶ月で卒業した
  • 筋トレに抵抗がある人にはすごくオススメ!

 

「加圧で痩せますか?!」ともし聞かれたら「体重は減らないかもしれないけど、見た目は変わる」と答えます。

でも見た目が変わるって、ダイエットで一番大切なことですよね。

一番大切なことを加圧トレーニングは教えてくれたのかもしれません(^^)

 

◆◆ 最新情報はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
こちらの方が更新頻度が高いので、最新情報はこちらからどうぞ icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.