トレーニング中にスマホって必要?

スポンサーリンク




今日はつぶやきみたいな記事です。

最近ジムに行くとスマホばっかりいじってる人が多いのですが、ちょっと疑問に思いまして・・・。

トレーニングするのにスマホって必要??

って常々思います。

ちなみに私はジム内にはスマホは持ち込みません。
ロッカーに入れっぱなしです。
そもそも、ジムにはトレーニングしに来ているのであって、スマホを触るために来ているわけではありません。

緊急の用事なら電話がかかってくるだろうからずっと触ってる必要はないし、ダラダラとインターネットを見たりLINEを送ったり、そんなことはジムでやらなくたっていいわけです。

ま、人のことは別にどうでもいいのですが、たまに迷惑なこともあるので、今日はちょっとつぶやいてみます。

 

こんなスマホいじりは迷惑

ずはり、迷惑なのはパワーラックのベンチで延々とスマホをいじってる人!!です!

私が行ってるジムはパワーラックが1台しかないので、誰かが使っていると待つことになるのですが、そこで延々とスマホをやられると「早く譲ってよ!!」と思います。

だって、トレーニングしに来てるんですよね?
さっさと終えてパワーラックとベンチを譲ってほしい〜〜っ。

おそらくインターバル(セット間の休憩)でヒマだからいじってるのでしょうが、それにしても長いぞぉ~~!

インターバルが長すぎるとせっかくの筋トレ効果も薄れてしまいます。
もったいないですし、待っている人にも迷惑ですよね。

ベンチに限らず、マシンでひたすらスマホをいじっているのもNGです。
こちらもパワーラック・ベンチ同様、待っている人がいるかもしれないので、スマホは席を立って別のところで触って欲しいなあと思います。

なぜいまスマホ??と思うシチュエーション

先日、腹筋をしながら一生懸命LINEを打ってる人を見ました。

腹筋をしながら両手でスマホ。

器用だな~、、と思いましたが、バランスが取れないせいか身体はグラグラに動いています(笑)
そして頭しか上がってないという・・・。

そ、それは腹筋をしているのですか??という状態ですね。

もったいないです〜〜。
腹筋に集中しましょう~~~。

また、先日見たのはベンチプレスの途中でLINEかメールの着信がきたのか「あ!」という感じで途中でバーベルを置いてスマホをチェックした人。

すぐにチェックしたい気持ちは分かりますが、あと数十秒後じゃダメだったのかなあ?なんて。

回数を決めてトレーニングしているのなら、最後までしっかりやりきった方が良かったんじゃないかな~なんて余計なことを思ってしまいました。

ハイ、おせっかいですね(笑)

 

そのスマホ利用法なら理解できる

スマホで音楽を聞いている人。
これなら理解できます。

あとは、スマホにトレーニング記録をつけている人。
筋トレ用アプリもありますから、それにトレーニング記録を打ち込んでいる人はいるでしょう。

でもトレーニング中にイヤホンが絡まって動き難そうにしてる人や、ポケットからポロリとスマホが落ちちゃって慌ててるひとを見ると、

スマホない方が集中できるんじゃない?

と思うのが正直なところですね (^^;)

 

鍛える筋肉をしっかり意識した方がより効く、という事実

 

筋トレでは、効かせたい筋肉をしっかり意識してトレーニングすると効果が向上すると研究結果がでているようです。

鍛える筋肉を意識するかしないかで、その効果にはしっかりと差が出るんですね。

これは私も実感しています。

たとえばスクワットをするとき。

なにも意識せずボーーーッとスクワットをしていると、ついつい前のめりで行ってしまい、次の日は前モモが筋肉痛になります。

私の場合は裏モモ(ハムストリング)やお尻(臀部)に効かせたいので、前モモが筋肉痛になると「しっかり裏側が意識できてなかったなー!」と反省します。

そして次のトレーニングでのスクワットは反省を踏まえ、しっかりと鍛えたい部位を意識して行うのですが、

「裏もも。おしり。裏もも。おしり。。。。」

と頭の中で唱えながら裏ももとおしりを意識すると、しっかりと重心が後ろ側に下がって裏ももとお尻を鍛えることができます。

他のトレーニングに関しても、なんとなく普通に行うのと、鍛えたい筋肉をしっかり集中して意識して行うのとではやはり疲労度も満足度も筋肉痛も全然違うので、私はやっぱり意識して行うことに効果はあると自分の経験からも実感しています。

 

結局メリハリが大切

 

私の好きな言葉はメリハリです!
ボディもただ細いだけの身体よりメリハリある身体の方が好きですが、時間の使い方もメリハリがある方が断然好きです。

ジムではトレーニングに集中しましょう。
で、スマホはあとでプロテインでも飲みながらゆっくり閲覧しましょう。

自分にとっても、他のお客さんにとっても、それがベストだと思います。

中にはスマホ持ち込み禁止のジムもあるみたいですが、それくらいストイックになってもいいんじゃないかと思いますね。

せっかく貴重な時間を割いてジムに行ってるのですから、メリハリつけてトレーニングしましょう!

以上、今日はちょっとつぶやきの記事でした。

 

◆◆ 最新記事はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
最新記事はこちらで更新中 icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください