4歳の子どもから学んだ 「本当の満腹」

スポンサーリンク




4歳の子どもから学んだ 「本当の満腹」

 

最近のことですが、美味しそうにご飯を食べる子どもを見て感じたことがありました。

子どもは自由に食べているように見えるけど、実は私たち大人よりもしっかりと食欲と満腹をコントロールできているんじゃないかって。

そして私たち大人は「大人の諸事情」で必要以上に食べすぎることがあるなあ~と。

「食べる」という行動は本能ですので、大人よりも何の概念も持っていない子供のほうがより本能的・動物的です。

そんな「食べる」ということに関して、子どもを見ていてふと気付きました。

・子どもはお腹が空いていなければ食べない
・子どもは食べ物が目の前になければ食べない
・子どもはお腹いっぱいになったらそれ以上食べない

子どもは、「自分にとって必要な分」だけを食べているんです。
動物もそうですね。

でも私たち大人はどうでしょう?
おそらく「必要な分以上」に食べている人は多いはず。

今日は子どもから学んだ「食べる」「満腹」についてのお話をしたいと思います。
 
スポンサーリンク


 

本当に「それ」を食べる必要があるのか?

 

「どんなとき食べたくなりますか?」

と聞かれたとき、おそらく殆どの人が「お腹が空いたとき!」と答えると思いますが、実は私たち大人は色々な状況や大人の諸事情があり、お腹が空いていないときでも食べてしまうことがあります。

一体それはどんなときなのか。
見ていきましょう。

ご飯の時間が来たから、食べる

 

朝・昼・夕、私たちは3食食べることをあたりまえとして育ってきました。

「12時になった。お昼ご飯を食べよう。」

何も考えずにお昼ご飯を食べると思います。

もちろんこれが普通です。

でも、しっかりと空腹を感じているか?が問題で、そこまで空腹を感じていないのにガッツリとランチセットを食べてしまう人は実は意外と多いんですよね。

食べ方や量をコントロールできる人はいいのですが、

「今食べておかないとお腹が空くかもしれないし」
「単品で頼むよりセットの方がお得だし」

と大人ならではの事情で必要以上に食べてしまうことはありませんか。

子どもは損得考えませんし、時間の概念もあまりないのでこういった食べ方はしません。
おなかが空いた時間に、空いた分だけ食べるんです。

もったいないから、食べる

セットのほうが安いからと頼んだランチ。
なんとなく満腹になった気はするけど、まだ残っている。
→ もったいないから食べる。

子どもが残したご飯。
せっかく手を込めて作ったのに。
→ もったいないから食べる。

あんまり美味しくないけど高かったお菓子
→ もったいないから食べる。


「『もったいない』 母ちゃん それが デブのもと」

っていう標語を何かで読んだことがありますが、まさにそのとおり。
残さずに食べることは良いことですし、「もったいない」という日本語が美学として言われたこともありますが、でも、それで太ってダイエットにお金を使うハメになったら、もっと「もったいない」ですよね。

子どもには「もったいない」という概念が全くありません。
ええ、、失礼なほどに・・・・(涙)
誰が作ったかとか、高い食材だからとか、残したら作った人に悪いからとか、そういうのを一切気にせずに用捨なく残します。

「おなかがいっぱいだから」です。

残すことに抵抗を感じることもあるかと思いますが、自分の体をゴミ箱代わりにするのも決していい事ではありませんから、潔い決断をしたいところですね。

 

食べ物が出てくるから、食べる

実はこれが一番多いパターンかも。
満腹で苦しい~、何も入らない~、という以外、そこに食べ物があれば食べたくなるのが人間。

十分に食べて満足感は得ているはずなのに、もしそこで目新しい料理が運ばれてきたら・・・
ついつい食べてしまいますよね。
「どんな味なんだろう??」って。

久しぶりの実家に帰っての食事。
わりとお腹いっぱいになってるはずなのに、「たんとお食べ」とお母さんが小さい頃からの好物を出してきたら・・・
これも食べてしまいますよね。

「お腹空いているわけじゃないんだけど、出てきたらついつい食べてしまう」というパターンです。

飲み会でついつい食べ過ぎてしまうのも、これですね。
次から次に料理が出てきますから。
おしゃべりに夢中になっていると、どれだけ食べたかも忘れちゃいますしね。

 

ニセの食欲を見抜こう

こうして私たち大人は、たとえ空腹でなくともあらゆる「諸事情」や「状況」で、なんとなく食べてしまうととが多いんですね。

これがニセモノの食欲です。

子どもにはあまりニセの食欲ってありません。
目の前にお菓子を出せばそりゃあ食べてしまうでしょうけど、目の前になければ食べないんです。

お腹が空いたときに訴えてくるんですね。
そしてご飯を食べて、ある程度満足したら、たとえ残っていても箸を置く。

「おなかいっぱい」と。

これが真実の「おなかいっぱい」なんですよね。
損得もない、もったいないもない、流されることもない、本物の満腹。

でもここで母親は

「まだ残ってるじゃないの!もったいないから食べなさい」
「野菜全然食べてないじゃない!」
「あとでお腹空くんだから、いまちゃんと食べなさい!」

って言いますよね。
まあ、私もそうだったんですけど(笑)
今はもう言わなくなりました。
「あっそ」で終了。

もちろん栄養バランス食べて欲しいのは山々ですが、心配なくらい体が小さいとかでない限り、子どもの満腹感を信用してあげて良いかな~と。

少なくとも大人の私たちより、正確な満腹感は持ってるはずです。
より動物的ですから(笑)

わたしは自分でお菓子は買わないようにしてますが、やはり会社とかで差し入れのお菓子が「出てくる」と、うっかり手を伸ばしてしまいます。
あると食べたくなるんですよね。
で、結局なんとなく食べてしまう。

意識していないとなかなかこういったニセの食欲を見抜くことはできません。

でも、

「これって本当に自分に必要?」
「わたし今お腹空いてるっけ?」

と一旦問いかけることで余分なものを食べないようワンブロック壁をつくることはできます。

本当に必要なときに必要な分だけを食べられるようになったら、その時はもう太る生活ではありませんね (^^)

4歳の子どもから本当の満腹とは?を考えさせられるとは思いませんでしたが、より人間らしく生きているのは子どもの方ですもんね。

見習うところもあるよな~と思った出来事でした。

 

◆◆ 最新記事はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
最新記事はこちらで更新中 icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



4 件のコメント

  • こまちさんはじめまして!
    26歳女のコロネと申します。
    女性目線のダイエットで食事だけでなく、運動・筋トレの情報も発信しているこまちさんのブログは目から鱗なことも多く記事の更新をとても楽しみにしています!ダイエットに成功し、美ボディを目指すこまちさんは憧れです!
    私はウォーキングがやっと慣れた位で筋トレが出来なさすぎて…お恥ずかしい限りです。
    (8月55.6キロ→3月51.5キロとゆっくりですが下がりつつありますが身長150cmのまだまだデブでございます(泣))

    現代社会で満腹感、感じるの難しいですね…><今まで半年程ダイエットを続けていますが、最近になってようやく食事の量の調節が出来るようになりました。(だいぶ遅いですが(^^;))

    ただ生理前だけはまだ難しく、ホルモンの影響で情緒不安から満腹感と満足感を感じられず食べ過ぎてしまうことが多々あります。(甘いものに走らず肉や野菜のおかずを食べてはいるためギリギリ激太りは防げています)
    こまちさんは生理前などストレス食いをしやすい時などはどのように対処されていましたか?コメントいただけたら幸いです。

    乱文・長文失礼しました。

    これからも応援しています(*^^*)

    • コロネさん

      はじめまして!コメントありがとうございます☆
      なかなかコメントいただく機会がありませんので、(コロネさんでお2人目)
      読んでくださっている方がいる!と嬉しくなり、とても励みになります。
      いつもブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

      コロネさんは体重も順調に減っていて、ペースもいいですね♪
      ゆっくり減量されたほうがリバウンドのリスクが減りますから今の調子でいいと思います!

      女性はホルモンの影響をがっつり受けますから、生理前や生理中は苦しいですよね、、、
      お気持ち本当によくわかります。

      私は「生理のときはもうしょうがない!」と割り切っていますね(^^;)
      月に1,2度過食したってすぐに脂肪にはなりませんので、私は生理前と生理中は「好きなもの沢山食べても良い日」を作ってるんです。
      実は私はパンが大好きで大好きでしょうがないのですが、パンはダイエットに向いていないので我慢することがほとんどで・・・(涙)
      なので、生理前~中はパンを好きなだけ食べてもいい日を作っています。
      生理が終わるまで水分やら経血やらでどうせ体重は増えるので(笑)、生理中は体重を計りません。
      「食べたら体重増えた~」と思うのもすごくストレスなので、もう生理ウィークは精神面を優先していますね。

      ホルモンの影響やストレスの影響は避ければ避けるだけ悪化するので、コロネさんも無理なく受け入れてあげていいと思います♪
      甘いものに走らないだなんて、偉すぎますよ~!
      私はパンかハーゲンダッツに走りますので・・・(笑)

      私がストレス食いをどう対処しているかの回答になっていなくて申し訳ないのですが、
      私の場合は、「多少の過食はしょうがない。後日気分が乗っている日に軌道修正する」と割り切ることでしょうか。
      食べ過ぎた翌日は夕食をプロテインだけで済ませたり、食べ過ぎてむくんでるな~という日は朝食をフルーツだけにしたり、ですね。
      これで数日すれば元に戻ります。

      コロネさんはまだお若いので代謝も高いですし、食べたものがすぐ脂肪になることはないですから、過食しても落ち込むことなくこのままのペースでぜひ頑張ってください。
      目指す体重になれたら、次はぜひ筋トレも始めてみてくださいね(^^)
      お若いのでグングンとカラダが変わると思いますよ!

      もし「過食しちゃったな~」と落ち込むことがあればいつでもコメントくださいね♪
      お互い励ましあって、理想のボディを目指しましょう!

      これからもコロネさんのお役に立てる記事を書けるよう頑張りますので、今後とも宜しくお願いいたします (^^)
      長々と失礼いたしました。

      こまち

      • こまちさん
        コメント返信ありがとうございます!
        やりました2人目v(^^*)励みになるのでしたらもう、バンバンコメント送りますよ(笑)!!

        無理なダイエットをしてもこれまで52キロを切った事がありませんでしたが、今回は自分もこのまま続けられそう、と思っていたので『今の調子で』と言っていただけてとても安心しました。

        コメントには甘いものには走らずとは書きましたが、ただ作り置きしてるお弁当のおかずを片っ端から食べてしまうだけなんです(次の日から絶望…)本当はすっごく甘いもの大好きです!
        それと生理前と生理中はカフェイン×、糖分×、脂×、塩分×とダメダメ尽くしで甘いものをなんとか避けようとしてました。
        でも、逆にそれが精神的に良くなかったかもしれませんね(好きなシュークリームを1個買って食べた日は満足感が高くそれだけで終わった記憶があります。)
        本当に何が食べたいのか体の声を聞いてあげようと思います。

        「好きなもの沢山食べても良い日」良いですね!パンとっても美味しいですよね!(さすが糖と脂のコンボ笑)
        私は次の日のリカバリーが経験上下手なので(高確率で失敗してます)、1日に沢山!よりは毎日好きなものをちょっとずつの方がもしかしたら合うのかもしれません。そう考えると、生理前が憂鬱じゃなく楽しみに出来そうです♪

        生理は女性には切っては切れないものなので自分を大切にダイエット頑張ります!
        もう数キロ落としたら筋トレにも取り組んでいきますね!
        目指せ美ボディ!目指せローラ体型!
        (こまちさんの記事を見て、ノートに美ボディの方の切り抜き貼って、家のポスターとスマホの待ち受けをローラにして目標を視覚化してます^^)

        こちらこそよろしくお願いします!
        仕事も子育ても両立しながらブログを書くのはとても大変だと思います。ご無理だけはなさらないでくださいね><

        色々書いたら長くなってしまいました。
        失礼致しました。

        • コロネさん

          返信ありがとうございます!

          コロネさんの努力がひしひしと伝わってくるコメントです。
          ローラちゃん、お美しいですよねえ~・・・はあ~~(←ため息)
          以前の記事も参考にしていただけたみたいで嬉しいです。
          私も手帳と冷蔵庫に憧れのポスターや写真を貼ってますよ~!(なぜ冷蔵庫?w)

          コロネさんはご自身のクセも十分わかっているみたいですし、翌日のリカバリーが苦手とか自分の欠点も把握されているので、あとは継続のみ!ですね。
          継続することでローラちゃんになれると思うんです。
          コロネさんがおっしゃっている「本当に何が食べたいのか体の声を聞いてあげよう」
          これは本当にそう思います。
          「よくわからないけど無性に食べたい!」っていうときは、体が欲してるんですよね。
          どうしても甘いものが欲しい!!と思うときは、恐らくエネルギーがなんとなく不足していて、糖分が欲しい~!と体が言っているとおもうので、我慢せずぜひ食べてくださいね。
          そういう時は体に必要な分なので、大抵太りませんから(^^)

          コロネさんはすでに標準体重なので、これからは体重はなかなか減りにくいかもしれませんが、カラダの内訳は必ず変わりますので、ぜひ今のペースで続けてください。

          ブログの応援もありがとうございます。
          本当に励みになります!
          良い記事が書けるよう頑張りますので、引き続き宜しくお願いいたします!(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください