できる?できない?部分痩せの真実

スポンサーリンク




 

できる?できない?部分痩せの真実

 

突然ですが、私は脚が太いです(涙)
特に太もも・・・・
足首は普通なんですが、ふくらはぎも太めで、その上にむっちり太ももが乗っかってるもんですから、まあ「スラリとした脚」には遠いのですね。。。
糖質制限ダイエットで減量に成功し、筋トレでボディメイク中ではありますが、なんといってもこの「脚」を集中的になんとかしたいものです。

「脚痩せしたい~!!!」という女性は多いはず。
「ぽっこりお腹どうにかしたい~~~!」という男女はもっと多いはず。
「二の腕が振袖状態なんだけど・・・」という人もきっといっぱいいるはず!

さてさて、いわゆる「部分痩せ」というものは可能なのでしょうか?

長年「できる」「できない」について議論されている部分痩せ問題。
一体どちらが真実なのか?
今日は部分痩せについて深くみていきたいと思います。

体の仕組み上、部分痩せはできない

いきなり結論ですが、人間の体の仕組みを考えると部分痩せができる仕組みは備わっていません。

「おなかをへこませたいから腹筋する!」
という人はとても多いのですが、腹筋したからといって「おなかの脂肪が燃えてくれる」わけではないのです。
腹筋という行動は、「腹の筋肉を鍛える」という行動で、脂肪を燃やす行動ではないんですね。
これは意外と知らない人が多い真実です。

グルカゴンというホルモンが脂肪を燃やす

私たちには、インスリングルカゴンいう真逆の性質を持つホルモンが存在して、この二つのホルモンが増えたり減ったりして血糖値を正常に保ってくれています。

インスリンは聞いたことがある人も多いはず。
食べ物を食べると血糖値が上がりますね。
血糖値が上がった状態が続くとまずいので、インスリンが分泌して血糖値を下げて体を正常に保とうとします。
(インスリンが不足したり、正常に分泌されないのが糖尿病です)

逆に血糖値が下がった状態が続くとある程度まで上げなくてはいけませんので、ここで登場するのがグルカゴン。
体の脂肪細胞や貯蔵されている糖質からエネルギーを作り出し、血糖値を上げようとするのです。
この過程で脂肪が燃えていくので、グルカゴンの分泌が脂肪燃焼につながる、ということをここでまず覚えてください。

どの脂肪から燃えるのか、は遺伝で決まっている

さて、グルカゴンが脂肪を燃やしてくれるというありがたい存在だということはわかりました。

が、グルカゴンには「あ、キミ腹筋したのね?じゃ、お腹の脂肪燃やしてあげようか?」と決める権限は残念ながらありません。

exercise-1581583__340

どの脂肪から燃やしていくのかはグルカゴンにもわからない。
もちろん私もあなたもわからない(笑)
どの部分の脂肪から燃やしていくかはすでに遺伝で決まっていて、それは人それぞれ違うのです。

ダイエットするとお腹から痩せる人もいれば、下半身から痩せる人、顔から痩せる人、様々ですよね。
私の場合はお腹周りから痩せていきます。
どうみても脚は最後ですね・・・・(涙)

一般的には「肝臓から遠い部分から脂肪が燃えていく」とも言われていますが自分を含め周りを見ていると、意外とそうでもなく、本当に人それぞれ痩せ方が違うと思いました。

以上のことから、グルカゴンが脂肪を燃やすけれど、どの部分から燃やすかは指定できない、ということがわかりました。
これが 体の仕組み上部分痩せはできない と言われている理由です。

 

使っていない部分に脂肪が溜まるのは真実

なんだ、結局部分痩せできないんじゃん。。。
とガッカリするにはまだ早いですよ!

使っていない部分には脂肪が溜まりやすい、という事実があります。

たとえば、オフィスワークの人はお尻・脚を使う機会が少ないのでこういった部分は脂肪の温床になっています。
「ここ動かないから安心して溜まれるわあ~」という状態に(笑)

女性はヒールを履く機会が多いせいか、歩くときについつい前重心になりがちです。
すると足の裏側の筋力が弱り、ついつい太ももの裏側に脂肪がつきがちです。(ハイ私です)
いわゆるセルライトが溜まる場所ですね、、、(涙)

逆を言うとよく動かす部分には脂肪はつきにくいので、こういった脂肪の温床を積極的に動かすことで部分的に脂肪が溜まるのを防ぐことができます。

young-woman-1684767_960_720

 

筋肉を増やすと「痩せて見える」

筋肉を増やすと体型を引き締まって見せる効果があります。
たとえば先ほどの「お腹をへこませたいから腹筋をする」という人。
残念ながらお腹の脂肪を燃焼させる効果はありませんが、腹筋を増やしてお腹を硬くする効果はあります。

お腹の筋肉が増えてお腹が硬くなるとどうなるでしょう?
硬い腹筋が板の役割をし内臓や胃を押さえ込んでくれるので、たとえ多少脂肪がついていても「おなかポッコリ」を避けることができるのです。

筋肉さえあれば体型を引き締めて保つことができますから、やはりここでも筋トレが重要となってきますね。

理想のボディを作るには「筋肉」が必要だった

2016.10.18

 

エステの「部分痩せ」はどうなのか

wellness-285587_960_720

エステ広告の「脚痩せ!」「お腹痩せ!」は本当なのか?
私も何度かエステにはお世話にはなりましたが、私の結果論だと「根本的な解決にはなりにくい」と言えます。

しかし、「普段使わない部分に脂肪が溜まっていく」というところを考慮すると、効果はあると思います。
エステでマッサージやエンダモロジーをやってもらったり、インディバをかけてもらうことで、脂肪の温床を動かすことにより、その部分の温度が上がり血流が良くなり、老廃物が流れてむくみが取れてほっそりします。
むくみが取れるのは一時的なものですが、これを頻繁に続けていけば必ず良い方向に向かうでしょう。
エステは多少お金もかかりますが、「癒し」も入っているかと思えばご褒美として良いのでは(笑)

自分でできる人は毎日マッサージするのが効果的ですね。

 

私の脚は痩せるのか

さて、私の太い脚ですが、、、筋トレを始めて筋肉が付き、全体的に堅くなってきました。
堅くなったので若干サイズダウンはしています。
太くて悩んでいた脚なのですが、実は最近それほど悲観していないんです(笑)

「決して細くはないけれど、健康的じゃない?」

と思えるようになったんです。

もちろん太ももの内側なんかはまだプルプルなんですが、筋トレのおかげで体全体のバランスがよくなってきたというか、多少脚が太くても太く見えにくい、というか。
1年前よりは確実にサイズダウンはしているので、このまましっかり続けるつもりです。

anllela-sagra-1 3f35d66ac7f917789a7e775659c2826b

写真引用元:http://腹筋.jp/12

Anllela Sagraさんというコロンビア人のフィットネスモデルですが、この方、結構脚はしっかりめ。
太ももむっちりです。
だけどバランスいいから太く見えないんですよね~。
いや~。お綺麗♪

細い脚だけが美しいわけじゃない!健康的な脚こそ美しい!と思うようになりましたね。

ただ、私の太ももぷるぷるはあまり健康的ではありませんので、こればかりはなんとかします。。。
気長に・・・。

 

まとめ

  • 脂肪燃焼にはグルカゴンの分泌が影響しているが、どの部分から脂肪が燃えていくかは遺伝によって決まっており、人それぞれ違う。
  • 筋肉をつけることで部分的に引き締めて見せることができる
  • 動かさない場所に脂肪が溜まっていくので、積極的に動かすことで部分的に脂肪が溜まることを防ぐことができる
  • エステの効果は一時的なむくみ取りがほとんどだが、続けることで効果は出てくる

 

まとめると 体の仕組み上「部分痩せ」できるシステムはないが、むくみを取ったり筋肉をつけることで、部分的に引き締めて見せることは可能 いう感じでしょうか。

結局白黒つかない問題なので、部分痩せできる派、できない派、と分かれて議論が続くのでしょうね。

私の場合はエステよりも筋トレで筋肉をつけることでサイズダウンが可能でしたので、やはりここでも筋トレを強く勧めさせていただきます~!
しかしまだまだ私のボディメイクは続く。。。
この太ももが健在な限り・・・。

◆◆ 最新情報はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
こちらの方が更新頻度が高いので、最新情報はこちらからどうぞ icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です