筋トレで腰を痛めてしまった(涙)整体で聞いた「デブ骨盤」の話

スポンサーリンク




実は先日、筋トレ中に腰をやってしまいました・・・(涙)
筋トレ歴は長いのに、こんなことは初めて。

この日は特別なことをしたわけでもなく、いつもと同じメニューで、スクワットとミリタリープレスというメニューをやっていました。

↑ミリタリープレス

重量も変えていないし、フォームだっていつも通りのはずだったのに・・・

トレーニングを終えて会社に戻ると、なんか腰が痛い。

歩き方もなんか不自然。
出っ尻みたいにして歩かないと、痛い。
そして、書類を落として、ヒョイと拾おうとかがんだときに激痛が!!!

「やっちまった・・・・」

そう、筋トレで始めて腰を痛めてしまったのデス・・。

ショックだあ~~~!!!
これはショック過ぎます(涙)

腰を痛めた私を見て、夫を含め周りの人が全員

「腰を甘くみるな。痛めた場合は絶対に病院か整体で診てもらえ」

とあまりにも言うので、産後の骨盤矯正でお世話になった近所の整体へ行ってきました。

とほほ・・・・。

 

骨盤がめちゃくちゃ歪んでいた

整体に行くのは2年ぶり。

以前は産後の骨盤が気になったり、下半身のむくみが酷かったりしてちょくちょく通っていましたが、ダイエットに成功してさらに筋トレを始めたら身体の調子も良くなったので整体の必要性を感じず「脱・整体」したと思っていたんですね。

が、久しぶりに先生に診てもらうと、一瞬触っただけで

「うわ、骨がすごい歪んでるな。これはさすがに痛いでしょう。」

と一言。

え、一瞬しか触ってないじゃん!

と思いましたが、よほど酷かったんでしょうね。はあ~。

骨盤が歪んだ上で筋トレを行ったため、ダメージがきた

今回は「やばい!今のでやっちまった!」というギックリ腰タイプではなく、ジワジワと「あれ?なんか痛くて歩きにくいんだけど」と後から地味に痛くなってしまったタイプ。

デッドリフトなんかはギックリ腰になりやすく、「今やっちまった」というのが分かるけど、今回はスクワットとミリタリープレスなのでどっちでやらかしてしまったのかがわからない。
確かにどっちも腰を使うし・・・。
膝を痛めたとかならスクワットの可能性大だけど、腰だしなあ。

どうやら、私は骨盤を筆頭に色々な骨が歪みが出ていて、その状態で重たいウエイトを扱う筋トレをしてしまったものだから、塵が積もるように骨盤へのダメージも積もっていったとのこと。

私の場合は重心も骨盤も左側に傾いていました。

「左手でお子さんと手をつないでますか?」

と聞かれ、

「そうです」と私。

だって、左側通行だし、車側に私が立って歩かないと危険だから。

どうやら、息子の身長と私の手の位置が合っていないせいか、左側に引っ張られるクセがついてしまってそのせいで身体全体が左側に傾いているとか。

骨盤やお尻の骨も全部左側に下がっていました。

「基礎であるカラダが傾いていたら、このままトレーニングしたって綺麗な身体になれないよ」

そう言われました。

腰を痛めてしまったことはショックだったし、治療に通うのもめんどくさいなあと思いましたが、きっと遅かれ早かれ身体のどこかに支障は出ていたことでしょう。

せっかく久しぶりに整体の門を叩いたので、これを機にしっかりと骨盤のゆがみを治していくことに決めました。
幸い痛みがあるおかげで(?)保険適用になったので、しっかりと真面目に通院して治します。

そもそも「このままトレーニングしても綺麗な身体になれない」なんて言われたら放っておくわけにはいきませんね!!!

 

骨盤と美ボディには関係がある

「骨盤ダイエット」って本が出版されたり、テレビで放映されたり一時期流行しましたよね。

せっかく整体に来ているので、治療中先生に「骨盤はダイエットと本当に関係があるのか」を聞いてみました。

先生曰く、

「体重が減るかどうかは置いておいて、ボディラインを整えることに関しては非常に関係がある」

とのこと。

「骨盤を整えればボディラインが綺麗になることなんて僕たちの中では当たり前の事過ぎて意識してなかったけど、骨盤ダイエットが流行ったときは、そうかそういう売り出し方もあったか~!と思ったよ(笑)」

と言っていました。

実は、骨盤には「デブ骨盤」「美人骨盤」があるそうなんです。

画像引用:http://酵素ダイエットwp.com/column/

 

デブ骨盤とは 骨盤が開きっぱなしの状態 で、ずっとこの状態でいると

・腰周りが太く見える
・内臓下垂してポッコリお腹になる
・お尻が大きくなる

・内臓の働きが悪くなる
・下半身がむくみやすくなる
・下半身の血流が悪くなる
・下半身が太くなる
・O脚になりやすい

といった美ボディを目指す人にとって不利なことばかりが起こります!

そして、女性は男性よりも骨盤が開きやすい傾向があります。
これは女性は出産に適した身体の構造になっているからなんですね。
人間の骨盤が最大に開くときは出産時と言われています。
まあ、約3キロの赤ちゃんがズルリと出てくるんですから、そりゃあめいいっぱい開きますよね。

「産後はしっかり骨盤を締めましょう」と骨盤ベルトが販売されているのは、上記のような弊害を防ぐためなんです。

出産経験がある人とそうでない人では、出産した人のほうがボディバランスが悪いという統計がありますし、一般的にもそういう見解はありますね。
これは少なからずとも「骨盤」が関係しているのです。

芸能人のように「二児を産んだとは思えないボディ!」と思わせるには、開きっぱなしになった「デブ骨盤」をしっかりと治して、しっかりと締まった「美人骨盤」になる必要があるんですね。

 

美人骨盤になると「痩せやすい体」になる

しっかりと骨盤を正しい位置に戻して、開いた骨盤をしっかりと締めてあげると、みるみるうちに身体は美ボディへと近づいていきます。

・骨が正しい位置に戻るので、血流が良くなる
・血流が良くなるのでむくみや冷え症が改善される
・内臓が正しい位置に戻るので、便秘が改善されたり基礎体温が上がる
・リンパの流れが良くなるので新陳代謝が活性化する
・姿勢が良くなる
・正しい位置に筋肉が付き、全体的にプロポーションが良くなる
・綺麗な下半身になる(お尻・脚)

身体の中心である骨盤を正しい位置で正しく締めてあげれば、身体が機能的に動き始め、結果的に痩せやすい体になる、ということですね。

美人骨盤にすれば体重が減るというわけではありませんが、確実に美ボディに近づくことはできます。

プロに診てもらうのがもちろん一番手っ取り早くはありますが、いまは骨盤クッションや骨盤ベルト、骨盤体操の本もたくさん売ってますから、まずはそちらからトライしてみるといいかもしれません。

私もこれからしっかり矯正していきます。
また変化が出てきたら、報告しますね (^^)

とはいえ、私は骨盤矯正で美ボディを目指すよりもまずは腰の痛みをとる事のほうが先ですが・・・(涙)

せっかく骨盤についてあれこれ教えてもらったので、これを機に筋肉だけでなく骨のこともしっかり勉強して美ボディ目指そうと思います!!

というわけで今日も整体行ってきます~~~!

しばらく筋トレはお休みだわ・・・(涙)

この話の後日談はこちら  icon-arrow-circle-down

骨盤ベルトを真面目に着けてみた結果・・・!

2017.01.31

◆◆ 最新情報はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
こちらの方が更新頻度が高いので、最新情報はこちらからどうぞ icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です