実は冬が一番痩せやすい!今動けば夏には美ボディ!

スポンサーリンク




実は冬が一番痩せやすい!今動けば夏には美ボディ!

 

この週末も、またもや忘年会でした。
やはり12月は続いてしまいますね~(汗)
が、野菜スープで調整しているおかげで、なんとか忘年会太りは避けられています!

週末は息子の通う保育園のママさんたちとの忘年会でした。
保育園はお迎えの時間がそれぞれ違うので、なかなかお会いできないママさんたちも多いです。
今回色々お話することができたのですが、どうやら私はかなりスポーティーな印象を持たれていたらしく、何の仕事をしているのかとかあれこれ聞かれました。
フツーの事務職なんですけどね・・・。

私は自転車で通勤しているのでスーツではなくフィットネスウェアやラフな服装が多く、髪の毛をひっつめてポニーテールでまとめているせいだと思います。

でも、ボディメイク(筋トレ)を始める前は同じ服装でもスポーティーだなんて一切言われたことがありませんでしたから、やっぱり人の目から見ても「運動している人」に見えてきたのかもしれません。
人から言われるとやっぱり嬉しいですね (^^)

話をしていると、どうやら私は「自転車に子どもを乗せてどこまででも行く人」という噂が流れていたらしく(なんだそれ(笑))「世田谷から羽田空港まで自転車で行ったらしいですね!」とか「スカイツリーも自転車で行くんですよね?」とか不思議な質問をされました(笑)
まあ東京タワーくらいなら自転車で行っちゃいますけど、それより先は電車のほうが楽です。。。ハイ。

自転車といっても電動アシスト自転車ですからねぇ~。
たいした運動にはなりません。
カロリー消費を目的とするには非効率ですが、私も息子も自転車が大好きなので気分転換も兼ねて自転車で移動することが多いですね。

icon-arrow-circle-up わたしの愛車 ♪

が、その電動アシスト自転車。
冬はめっちゃバッテリーの減りが早い!!!!です!

ぐんぐん減るので、最初壊れてしまったかと思いました。
もう消耗しちゃったの??10年くらい持つんじゃなかったっけ?ってちょっと不安になりました。

で、夫に相談したところ「冬なんだから減りが早くてあたりまえじゃん」と。

え?そうなの???シラナカッタ。

自転車のバッテリーに限らず、電池というものはスマホの電池も乾電池も気温の低い冬は電池の減りが早いんだそうです。
冷えた外気温の中で放電しようとすると電池が頑張ってかなりのエネルギーを使うので、ぐんぐん減ってしまうんですね。
ははあ~なるほど。。。
電動自転車の取扱説明書を読んだら、確かに「冬は本来の電池のパワーが発揮できない」と書いてありました・・・ホッ。

実は、これと同じ現象がわたしたち人間にもあるって知ってましたか?
すみません、めちゃくちゃ前置きが長くなってしまったのですが、今回の記事の本題。

私たちのカラダも、冬は頑張ってエネルギー放出してるんです!!

夏よりも冬の方が痩せやすいという事実

どうしても夏より冬の方が太りやすいと思いがちです。
「夏バテで食欲ない」という人も多いですし、暑くて汗をたくさんかくと「痩せそう♪」って思っちゃいますもんね。

しかし、それは誤解!
実は冬の方が痩せやすい!

 

「冬」という季節が痩せやすい理由

私たちの体は先ほどの自転車のバッテリー同様、冬は相当エネルギーを使って動いています。

私たち人間は恒温動物なので、どんな季節でも状況でも体温を37度前後に保とうとするんです。
夏ですと気温が30度~35度ですから、体も温まっていて体温調整にエネルギーを使うことはありません。
が、冬の気温は0~10度くらい。
その外気温の中で37度前後の体温をキープしようとすると、体は必死に熱を作り出そうと頑張るので、すごくエネルギーを使います。
せっせと熱を作り出すので必然的に代謝が上がり、消費カロリーもアップするのです。

水泳の消費カロリーが大きいのは、運動そのものの運動量も多いということもありますが、体温より低い水の中にいることによって体温を上げようと体が熱を作り出すので、さらに消費カロリーが上がるから、なんですね。

こういった原理で、実は身体の仕組み的に寒い季節の方が痩せやすいのです。

でも、冬は太りやすいと言われる

冬は消費カロリーが上がりますから、本来は冬の方が痩せやすいはず、なんですが・・・

でも冬の方が太りやすいとも言われますよね。
理由はいくつかあります。

  1. 忘年会、クリスマス、正月、新年会、バレンタイン、、、とイベント行事が続くため、トータル摂取カロリーが高くなりがち
  2. 寒くて服を着込むので、体型に無頓着になる
  3. 寒くて外に出なくなるため、運動量が減る

まあ、王道の理由はこんなところでしょうね。

1に関しては、いま私も真っ最中です~・・・・
2もしょうがないっちゃ、しょうがないですよね。冬ですもん・・・
3に関しては私も経験アリです。ウォーキングを続けていた時期がありますが、冬になったとたん寒すぎて億劫になり辞めてしまいました(汗)

が、せっかく痩せやすい季節なのにボケ~っと流されていてはもったいなさすぎる~~~!

ということで、私の冬の取組みを紹介しますね!

 

痩せやすい冬を有効活用する私の工夫

◆ 忘年会シーズンを乗り切るために

まず、忘年会シーズン。
これに関しては社会人をしている以上避けられないので、うま~く乗り切らなければなりません。

外食が続くシーズンは、外食しない日の夜は野菜スープに置き換えて摂り過ぎた糖質や塩分をデトックスしつつ、食物繊維を摂っていきます。

詳しくはこちら icon-arrow-circle-down

脂肪燃焼スープでは痩せない。でも今月食べてみる。

2016.12.06

一食置き換えるだけでも、5日間でリセットされます!!!

◆ 身体にフィットした服やワンピースを着る

夏よりも意識して身体にフィットした服や、ピタめのワンピースをわざと着ます!
で、これで忘年会へレッツゴー!です!(笑)
週に一回でも、こういった服を着ることで「もこもこのセーター着てたら太ったのに気付かなかった」という事態は避けられます。

なので、私は冬でも決してセーター類は着ません。

私くらいの歳になると、結構あっという間に体型が崩れますんで(涙)、こうやってボディチェックして監視しておかないと、春になる頃には涙です。。。。

◆ 筋トレして身体をポカポカにする

すいません、また筋トレネタですが(笑)
筋トレはいいですよぉ。寒空の下でやらなくていいですから。
筋トレすると身体がポカポカします。
血の巡りが良くなる上に、筋肉の回復で身体が更にエネルギーを使って熱を作り出しますから、ポカポカも持続するんです。

私は元々冷え症で、腹巻とかゆたんぽとかあれこれ外部的対策をしてきましたが、結局内側からの冷え対策が一番効果的だったんですね。

昼休みに筋トレをしているので午後はかなり身体が温まっていて、冬でも半袖で仕事をしています(笑)

◆ しっかりお風呂(湯船)に浸かる

冬は代謝が上がるとはいえ、寒いと血行が悪くなるのは事実です。
血行不良は百害あって一利なし!
血行不良だと不要な老廃物が流れていかないですし、むくみの原因にもなります。
特に女性は血行が悪いだけで未病を引き起こしますので、ダイエットをしている、していないにかかわらず、しっかりと湯船に入って冷えた身体を温めたいですね。

私はどんなに眠くても酔っ払っていても生理でも、シャワーだけで済ませることはありません。
季節問わず絶対に湯船に入ります。

女性ですとお尻が冷えている方、多いですよね。
ハイ私もです。
脂肪が多い証拠なんですよね~。これは。。。
ステーキ肉の脂肪と同じで、私たちの脂肪も冷えると固まりますから、ずっと冷やしていては「脂肪燃焼しやすい体」から遠ざかってしまいます。

冬はしっかりと身体を温めて、痩せやすい身体を作りましょう!

ちなみに、入浴剤を入れるとポカポカが長続きするので効果大です★

私が使用しているのはこちら icon-arrow-circle-down

オリンピック選手やアスリートの人たちも使っているそうです。
早めにお風呂に入っても、ベッドに入るときまでポカポカが続いていてありがたいです。
冬は絶対にコレ!
わたしの必需品です♪

 

まとめ

  • 体温を保とうとする人間の仕組み上、冬の方が代謝が上がり、消費カロリーもアップする。そのため本来冬の方が痩せやすい。
  • 冬の方が代謝は上がるが、冬はイベントも多く暴飲暴食しがち。同時に運動不足になりやすい季節でもあるため、太りやすい時期でもある。これをなんとか工夫して乗り切れれば、夏よりも痩せやすい。

 

毎年6月頃になると「夏までに痩せる!」みたいな特集を組んだ雑誌が並びますよね。
でも6月からダイエットを始めて、夏までに美ボディをゲットできるかどうかというと疑問です。

実は一年で一番代謝が上がるのが1月と言われていますので、1月から本気で取り組めば夏までには確実に美ボディになるでしょう!!

でも1月にダイエット特集を組んだところで、、あんまり売れないでしょうね(笑)
夏まで遠いですもん。。。。

美ボディは1日では成らず。
春から始めるよりも冬から始めた方が確実に成功は近いです。
ぜひこの「痩せやすい季節」を有効に使って美ボディをゲットしましょう♪ (^^)

 

◆◆ 最新情報はこちらから ◆◆

Amebaブログにて公式トップブロガーとして活動しています!
こちらの方が更新頻度が高いので、最新情報はこちらからどうぞ icon-arrow-circle-down 

こまちのダイエット成功手帖

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です